感染症の疑いがある場合はすぐ検査

ヘルペスとは「単純疱疹」「帯状疱疹」の二つから成り立ちます。
どちらの疱疹もヘルペスウイルスが引き起こす症状であり、症状もある程度似ている部分もありますが別の疾患と分類されます。
一般的な「ヘルペス」というのは帯状疱疹を指す場合が多いため、自分がどちらの疾患なのか混乱してしまう部分も多くあるようなので、以下に疾患別に症状を明記いたします。
多忙な毎日のためになかなか病院に行けないという方は、放置するのではなくインターネットから、薬ネット販売を使い適切なお薬をご購入の上、対処なさってください。

 「単純疱疹ヘルペス」
こちらは主に顔面や口の周りに多くできやすいのが単純疱疹の特徴です。徐々に皮膚が赤くなり、むず痒さやヒリヒリ感が発生。数時間後にはその部分に小水疱が現れます。小水疱は数個単位で発生し、次第に大きさを増していきます。
風邪等による病気の影響や、日焼けなどの紫外線ストレスが原因で誘因されることが多いとされています。
再発性があることが特徴とされています。
治療方法としては特効的な抗ウイルス剤がありますので、これを用いて治療することにより不快な自覚症状などを軽減することも出来るため早期に治療を始めることが望ましいとされています。薬ネット販売で購入いただくことも可能です。

「帯状疱疹ヘルペス」
俗に言うヘルペスがこちらになります。
単純疱疹ヘルペスとは違い、広い範囲で帯状に発赤、小水疱ができ必ず体の右側、左側のみにブロック上に拡がる物であり、体中に拡がる事殆どありません。
隊所疱疹の最も困る部分とされる部分はぴりぴりとした痛みがあるという部分です。
治療方法としては抗ヘルペス剤の投薬、点滴などで治療します。
1度かかると2度かからないのがこの疾患の特徴ですが、感染症の疑いがある場合などは個人の見解ではなく、専門医ですぐ検査を行なうことをお勧めいたします。