喉のヘルペスについて医療機関に電話相談する

ヘルペスという病気について、聞いたことがある人は多いと思います。
ヘルペスは口唇に水ぶくれができる症状などを指しますが、近年ではその他の場所にウイルスが感染することが増えていると言えます。
日本では、性感染症の中でクラミジアやヘルペスが増加していることが知られており、その原因として性行為のスタイルが変わってきていることが挙げられます。
社会全般においてオーラルセックスを行う人が増えたことから、喉への性感染症も増えている原因となっています。
喉や口腔に発症する性感染症としては、クラミジアや淋病、ヘルペス、梅毒など様々なものがあります。
喉にヘルペスができる理由としては、オーラルセックスの相手がウイルスに感染していること、またその症状に気付かなかったり、治療を受けることなく性行為を行っていることなどが考えられます。
オーラルセックスの経験があって、風邪などの治療を行った場合であっても喉の痛みが解消されないときには、ヘルペスなどの性感染症を疑ったほうが良いと言えるでしょう。
性感染症の場合には、直接的に医療機関を受診することに抵抗を持っている方が、女性は特に多いと言えますので、医療機関に電話相談をしてみるのも良い方法となります。
電話相談をするときには、産婦人科や内科、耳鼻科などに問い合わせをすることができます。
電話相談によって性感染症の疑いがあると判断されたときには、性行為のパートナーも含めて検査を受けることで症状の確認を行うことがおすすめとなります。
ヘルペスなどの性感染症の場合には、抗ウイルス薬やバルトレックスなどを服用することで治療することが可能になります。
放置してしまうと、そのまま性行為に及んでしまって症状が回復しないことが考えられますので、早期に治療することが大切です。